« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

Odissi写真@SwamiVivekananda150Year

昨年のHoliで、ゆっこ、ゆう、すみか、のりこ、はるかを撮影してくださった横浜のカメラマン石井勝也氏が、わざわざ会場にお越しくださいました。2F席から、素晴らしい写真を撮って下さり、大変ありがたく存じます。

Swami Vivekananda様150生誕祭を主催したラーマクリシュナミッションは、コルカタで20年前よく遊びにいったり、師匠が舞台で何度も踊られた時にお付きの一人としていった思い出があります。もちろんベルルマート(僧院)でアルティー(夕方の祈り)にも出席させていただき、心安らかな時を過ごしました。

このような機会をいただけて、誠に光栄です。感謝いたします。

145photo_by_ishii_katuya_studio_odi

↓よっこ氏写真

14525swamivivekabnanda15_2

14525studioodissi4

| | コメント (4)

5/25(日)18:00~SwamiVivekananda150生誕祭

●2014年5月25日(日)16:00~19:00

「Swami Vivekanand 150生誕祭 最終セレモニー公演」

会場:五反田、高輪台 清泉女子大学講堂

時間:セレモニー16:00~  カルチャープログラム18:00~

入場無料

主催:日本ヴェーダンタ協会

共催:インド大使館 、清泉女子大学

連絡先:046-873-0423  info@vedanta.jp

◎安延佳珠子インド舞踊スタジオStudioOdissi出演

(18:10過ぎから予定。)

安延佳珠子、はるか、ゆう、めぐ、そよ(5名のグループダンス)

◎シタール、タブラ演奏

Mr.AmitRay&Pt.LalitKumarDixit

3

2

| | コメント (0)

5/15伊藤氏写真

◎伊藤ひかる氏の素晴らしい写真、郵送で頂いた後、数枚掲載しますね。取り急ぎ以下。

145hitophotos

表情が役の変化で、瞬時に変わるアイテムだったので、ポーズとステップと表情がぴたっときまる写真は、とても難し買ったと思います。

イベントやグループダンスと違った濃い緊張感の中で、皆様の物語への創造力におしあげられた、思い出深い空間と時間でした。

BirjuMaharaji御一行様には、大変好評だったので、ホットしました。

恩師Guru Kelucharanが「この曲を踊った姿を鮮明に思い出した」を翌日おっしゃっていただき、ハグ頂き、東京駅で、一緒に写真もとってくださいました。

このような機会を設けてくださった雅子先生はじめ、みやびカタックダンスアカデミーの皆様に感謝いたします。

14516kazuko_withbirjumaharaji

| | コメント (1)

Ahe Nilo Sailo「Jagannath神への賛歌 by SaroBegh」

●5/15(木)19:00開演「UTSAV」、第2部ゲスト出演のOdissi安延佳珠子アイテムを紹介します。来て頂くメンバーとインド舞踊ファンの方々へ、初めに、このアビナヤは、内容を知った方がわかりやすいかな~、と思ったので。

もちろんBirju Maharaj様に捧げる公演、彼は、私の師匠Guru KelucharanMohalpatraとは家族同然の付き合いなので、このアイテムは熟知していらっしゃいます。(昨日お話しましたところ大層喜んでいらっしゃいました)彼の太鼓の音や、振付を見て、良くカタックとオリッシーでデュエットしていた頃を思い出してくださる事でしょう。

■AheNiloSailo

オリッサでは、皆が大好きなベストソングです。作者は、ハンセン病を患うムスリム教徒のサロベーグ(サロベッゴ)熱心なJagannath信仰者。寺門の前で切々と自作の神様賛歌を詠んでいた方。

(グルジーと良くプリーへ行くと、門前いる病気のような、また路上生活者が一列に座っているところへわざわざいき、一人に1Rs渡していた姿がありました。これは、「サロベッゴへの敬意」とおっしゃっていました。)

(1)「アへ~二~ロ サイロ~」

メインの歌詞が初め、3回合間、終わりにあります。

「なんて美しい、青い山脈のようなお体の方、大きな象が花をつみ遊ぶように、

私の心に生じる困難や苦しみを、その鼻で、もぎ取って下さい。(貴方なら、きっと簡単におできになるでしょう)」(という感じです)

(2)「ガジェンドラモクシャ」

8世紀の経典より。インドラデュムナ王が、アガスティヤ仙に失礼をしたとき、来世で「象」になる、と呪いをかけられる。また、天界の王フールも呪いにより「ワニ」に。VIshnuの円盤によってワニは来世へ、象は救われ、来世では人間になったとか。

20131121145008gajendra_moksha_print

(3)「サイコロ賭博」

インド2代叙事詩マハーバーラタより。コーラヴァ国とパーンダヴァ国が威信をかけて、サイコロをふる。振り師は、主人公のユディシティラの味方を装い、裏切るにせ魔術師?。思いの通りのサイコロのメをだせる。富も領土も兄弟、促されて妻までかけた勝負は、もちろん負け。妻ドロウパティのサリー迄、剥がそうとしている時、Vishnu神が助けに現れる。

Disrobing_of_draupadi1

(4)「ナラシンハの悪王退治」

ヒラニヤカシプは苦行をブラフマーに認められ、1つの願いを叶えられる。「神とアスラにも、人と獣にも、昼と夜にも、家の中と外にも、地上でも空中でも、そしてどんな武器にも殺されない体」。ヴィシュヌはこの悪王を倒すため、彼の息子でヴィシュヌ信者のプラフラーダに、夕方の時刻に玄関まで誘導し、彼が割った柱の中からライオンの頭をした人間の姿、すなわちナラシンハとして飛び出す、地上でも空中でもない彼の膝の上で、悪王の体を素手で引き裂いて殺した。(wikipediaより)

そののち、息子の祈りを聞き、Vishnuは父親をいきかえらせた、とインドの方は言っていました。

(5)最後の祈り

「サロベッゴは詩によんでいます。私は、このような病気の体で、またヒンドゥーでもムスリムでもあり、そうでない人間です。この苦しみをどうしたら良いのでしょうか?.......貴方のお姿を瞼の奥に焼付、いつでも見ることができるようです。なんて美しいお姿でしょう。。。。。」

*ジャガンナータ様の姿を、Choukで表現する時と、大きな象で表現するときが何度もあります。(1)のワニに襲われる象も出てくるので、前半、要注意。最後の座る動きは、ムスリムの礼拝を一部に取り入れています。

では、本番をどうぞお楽しみに!

| | コメント (5)

6/25(水)~29(日)Guru Ratikant Mohapatra Workshop!

●急遽延期から2ヶ月、6/25(水)より、東京StudioOdisssiにて、WS開催。

<参加者募集!!>

①6/28(土)6/29(日)10:00~11:30「初心者、初級対象WS」 各¥3000

内容:基礎ポーズ、歩き方、生伴奏によるステッピング、理論一部

*10:00入室、着替え、飲み物、筆記用具持参。

②6/25(水)~6/26(木)11:00~14:00/15:00~18:00「昼のBilahariPallavi」3回通し¥20000

対象:3年~5年Odissi経験者

③6/27(金)~6/29(日)19:00~22:00「夜のBilahariPallavi」3回通し¥20000

対象:同上

④他「GuruBandana」「PattadipPallavi」習得者で詳細の復習希望者

⇒全アイテムの「プレレッスン」あり。希望者はブログコメントで日程確認下さい。

<申込>

メールで6/10頃迄に参加申込下さい。その後にお振込みのご案内をさせて頂きます。

Gururatikantwsjuneomote4c

| | コメント (17)

5/15(木)19:00UTSAV@麹町カスケード

今週末、5/11(日)16:00~「BirjuMaharaj公演」@北千住1010の他に以下2点、偉大なカッタクの神様にお目にかかれる機会をお知らせします。

●5/15(木)19:00開演「UTSAV」@麹町カスケードホール

前売:4000円(自由席)*スタジオオリッシーでも10枚程預かっています。

ゲスト安延佳珠子は、20時頃の出演予定です。アビナヤなので、前席に是非!

サスワティセンさんもアビナヤ予定のようで、楽しみです。

515utsav

515utsavura

●急遽!5/13(火)16:00~17:00「BirjuMaharjレクチャーワークショップ」

@インド大使ホール 無料

北千住で身近に見ることができないと思われるので、こちらは、最高!大舞台と、レクチャーと2回みたら、カタックの面白さを十分理解できるかもしれませんね。

時間が少し残念ですが。お仕事お休みの方は、是非。

Workshopbyptbirjumahara

ビルジュ様や、サスワティ女史は、至って元気に観光等いらしゃっているので、どの公演もパワフルな踊りが見らること、間違いなし、です。

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »