« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

3/21(祝)Kurta販売会13:00~

●kurta(インド普段着上)の販売会を開催します。

先日の予約した方々用以外に、Fabindia10枚をいれた約 50枚。

わいわい言いながら鏡に合わせて、選ぶのも楽しそうですね。お茶で一服しながら。

1点の価格は、送料と手数料いれて1500~4000円内でおさまるようリーズナブルなものを揃えました。

個人でも購入できますので、もっとハイセンスなもの希望の方は、以下へアクセス!

http://www.Jabangworld.com

日時:3/21(祝金)13:00~15:00 *尚3/22(土)15:00迄展示しています。

会場:StudioOdissi 早稲田駅徒歩1分

サイズ:日本のM。Lは予約以外は5~7点のみ。

対象:どなたでも興味のある方々、大歓迎。

*参加予約をお願いします。

Img_1231_2 Img_1190Img_1176_2 Img_1207 Img_1168 Img_1195

■第一弾到着 3/14■

Img_1314

■第2弾到着 3/21■

143kurtisaleseventstudioo

 

| | コメント (3)

Orissa Saree

●浮織のオリッササリー。(衣装用、パーティー用参考に)2014年2月@Bhubaneswar

購入希望者はお知らせを。美しいODISSAの手織り。。目の保養になりますね!

142saree1 142saree2142saree3 142saree4 142saree5 142saree6 142saree7 142saree8

↓2011~12年の衣装用に購入したサリー紹介

http://nayika.tea-nifty.com/nayika/2011/12/index.html

http://nayika.tea-nifty.com/nayika/2012/01/order-sari-for.html

| | コメント (0)

Sambalpuri Sari希望募集!

●サンバルプリサリーの希望者はお知らせを。チョリ縫製あるので、至急。(現在34サイズでだしています)

明るい赤(上写真)は各店に1点程しかなく、メルーン小豆色(下写真)は複数あり。こちらは、中央の浮織部分が多くなってしまうので、踊り用よりも、パーティー用向きです。

14sambal2akastudioodissi

14sambal1studioodissi

↓チョリ3月中旬の到着迄、しばしお待ちを!

オリッサの絣は、なんて愛らしいのでしょうね。以下の布で「Aasha工房」にて、32と34サイズシンプルデザインで、縫製中。希望者は予約お願いします。また、36で希望の方は、明後日までにご連絡を。

14chori1studioodissi

14chori2studioodissi

●衣装作りたい方、お知らせを。

↓参考。写真内の紫黄色がはるか、オレンジ緑のオレンジは典子衣装と同じ。

Dresssaree

Studioodissi126

| | コメント (1)

2/22~23@KualaLumpur

●Malaysiaに行くメンバーさんに朗報です。RatikantMohapatara氏率いるSrjanグループの群舞表演あり。写真中央はSujataそっくりに成長した娘です。残念ながら、SujataはこのSrjan組には、グルジーがいなくなってからは参加していません。いつか、母娘共演!が見たいものですね。

2/22(土)~23(日)19:00@ShantanandaAuditorium、TFA Blickfield,Kualalumpur

Tt1
紹介文抜粋↓

Ratikant Mohapatraは、Srjanを 1993に設立し、 一貫してグルジーが設定したの高い技術の維持や、オリッシーの古典的なスタイルの維持、新しい振付や組成を持ち大衆的にすることだけでなく、発展していく努力を示すこと、をモットーにしています。
彼はダンサー、マルダラ演奏家、教師、振り付け者、研究者であり、 Srjanのディレクターとして、 ブバネシュワールで世界中のダンサーの訓練だけでなく、ことによって、彼の父親の遺産を広めています。

彼の父の創造的なアイデアやコンセプトを基盤に、 Rathikantjiは2004年にグルジの死以来、少なくとも50の新しい作品をつくりだし、国内でも国外で観客の意識の中に、この踊りをしっかり印象づけることに成功しました。彼は単独ですべて学習し、世界中から学生を集めている世界クラスのダンスの研究所を作成しました。

作品「Yathagamanam」では、彼は古典主義と弾力性の両方をもちい、豊かな文学とインドの神話を使用し、ダンスと音楽の特異な美しさをもたらします。別のプログラムは、伝統的なレパートリー項目と現代の技術革新の両方を搭載し、各夜に披露します。

| | コメント (0)

2月DanceFestival情報

●インド修行のメンバーへ。

2/20のカジュラホフェスティバルで、Odissiは、Sujataの他コルカタのNandini、デリーのMadabi madam出演。Odishaでは、日本山妙法寺のShantisutupaでは、OrissaDanceAcademy主催のお祭り。コナーラクでは、民族舞踊色強いですが、素敵なロケーションで群舞をみては?

○第10回Dhauli Mahotsab。2/17(月)ODAの群舞が楽しそう!2/16はセレブのベンガル人(旦那さんは元クリケットのキャプテン)、グルージーレッスン時に1997頃、ご一緒に数日レッスン仲間でした。

Programmelistofthedkm2

○第29回Konarak Dance&Music Festival。BBSRからタクシーチャーター必須。夜は危ないので、帰りは本当に気をつけて。DhanuSirと電話「Kazukoの生徒達、皆、元気か?20日にマルダラデュオやるからね」と、嬉しそうでした。私も大好きな尊敬するマルダラの権威。「4月になんとか(すみません、よくわからなかった)賞を受賞するぞ!」と凄いアワードらしい。

2/19のRudrakshya には、懐かしいレッスン仲間のManoshiが(今年はわからないけれど)美しい踊り手になっていました。

2/23のKonarak Natya Mandapの群舞も見ものですね。ステージ上に造形されたコナーラクの屋根にのって、灯明をささげるシーンは、昔、感動しました。

29thkonarkdancemusicf

| | コメント (1)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »